1

メニューをとばし、本文へ枕崎市
波イメージ
サイト内検索
市政・サービス くらしの情報 観光・文化 産業 施設 カツオ・港
申請書 電子申請 リンク お問い合わせ
目的別INDEX サイトマップ

カツオ・港
カツオについて
かつお船
かつお一本釣り
かつお節
枕崎漁港
統計資料
home > カツオ・港 > カツオについて
カツオについて(1/3)

かつお漁業の歴史

枕崎でかつお漁業がいつ頃から始められたか明らかではありませんが、1707年、森弥兵衛が紀州から来て、かつお節の製造法を伝えたという記録があることから、当時すでにかつお節が商品として取り扱われており、カツオが獲られていたことがうかがい知れます。

江戸時代初期から明治時代後半までのかつお漁業は七反帆と呼ばれる帆船で行われており、漁場は南西諸島付近(沖縄近海)でした。

明治39年静岡県で富士丸という動力船が進水したのをきっかけに、鹿児島県内においても明治41年舞鶴丸が進水して動力船時代に入りました。

動力船の導入により、これまで出ることのなかった100海里内漁場から500海里まで漁場が飛躍的に拡大しました。

枕崎においては、原耕が大正14年から昭和初期にかけて、南方海域の漁場開拓を行い台湾・フィリピンまで漁場を開拓しました。

氷のない時代は漁場が拡大されるに従い、獲れたカツオの保存が難しくなったため"沖イデ"や"島イデ"(注)という方法がとられるようになりましたが、節製品の粗悪化が進み、かつお漁業と節製造の分離(漁製分離)のきっかけとなりました。


(注) 沖イデ、島イデについて

取ったカツオを船内でさばき、煮るところまですませてしまう方法を沖イデ、漁場の近くにある島に工場を立て、同様の処理を行うのを島イデといいます。


カツオの行動

カツオは、北緯40度から南緯40度までの広大な帯状の水域に分布しており、いつも群れをなし、季節によって移動する回遊魚です。

中でも水温17℃から32℃、塩分濃度約3.2%、透明度20メ−トル以上というような清浄な水域の表層100メートルまでを好んで泳ぎます。

日本での漁期は3月ごろ九州南部で始まり、5月ごろ本州中部、8〜9月ごろ北海道南部で終ります。

春から秋にかけて黒潮に乗って北上しながら大回遊することが知られています。カツオの回遊距離は年間2,500kmにもおよぶため、その体型は実にスマートで、機能的にできており他の魚に比べて非常に泳ぎやすくなっています。


 1   



ページ先頭へ

■ このサイトについて


枕崎市役所
〒898-8501 鹿児島県枕崎市千代田町27番地 TEL.0993-72-1111(代表) FAX.0993-72-9436
E-mail.info@city.makurazaki.lg.jp

1 1